ストークを使うなら参考にしてほしいサイト

○スポンサーリンク○

こんにちわ。団長のWilliamです。

今日はこのサイトを構築するために、WordPressで設定したことと参考にしたところをメモとして残していきます。

WordPressテーマ ハミングバードとストークは使ってても使いやすい。

オープンケージから販売されている。

WordPressのStyleですね。

だいたい最初はシンプリシティという無料テーマが押されるのですが、どうせ後から変更されるなら気合いでできる範囲を自分でやってしまえということで最初から有料テーマで進んでいきました。

ストークの設定のために参考にしたサイト

ストークを設定するのは最初は難しいですよ。

もちろんド素人の意見ですけどね。

思いますけど、取扱説明書をしっかり見られない人はこういうの向いてないなと思います。

参考にした公式サイトとプラグインのサイト

まずは公式サイトはコチラです。

>>ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」の公式サイトはコチラ

購入をする人はコチラから購入してください。

オススメはストークかハミングバードです。

私はどちらも持っています。

女性向けにはハミングバード

落ち着いた感じにしたい場合はストークを使用しています。

比較しているサイトもありますが、機能は素人が使う分には大差ないと思っています。

ここの公式サイトの使い方はめちゃくちゃわかりやすいので、他の所を検索する前にまずはここを全て見ておきましょう。

次にプラグインをインストールしなければなりません。

アルバトロス・ハミングバード・ストークと相性の良いプラグイン

アルバトロス・ハミングバード・ストークテーマと相性の悪いプラグイン

商品をランダム表示するときなどはこれが便利でしょう。

時系列にまとめたい人にはちょっと不利かもしれません。

使い方に寄りますが、これも使い勝手の良いプラグインです。

トップページの記事一覧をランダム表示させるカスタマイズ

Amazonアソシエイトや楽天アソシエイトを行う人にとってはこれは見ておかなければ進みませんよ。

違うプラグインよりもまずはこれを見ておくべし。

カエレバ・ヨメレバ・ポチレバ用のCSSサンプルをご紹介

出口部分となる場所での効果的なウィジェットを配置できる機能も付いています。

成約率が上がりますので、是非こういった所もデザインしていってほしいと思います。

CTA(マーケティング用語)とは何か?でその必要性は見てくれればと思います。

CTAウィジェットの効果的な使い方(複数設置したり/カテゴリごとに切り替えたり)

これは参考記事を表示することができます。

これはアニメーションもキレイなので、はミンスバードとかには特に有効なので設置した方が良いと個人的に思っています。

 

RECOMEND 参考にしたい記事なども

このプラグインがきっちりやってくれますので、使用しましょう。

私はこの設定がプラグインではないと思いかなりの時間を費やしてしまいました。

Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)のカスタムテンプレート設定(OPENCAGEテーマ用)

この人が書きました

ABOUT この記事を書いた人の設定は上の設定とこの設定が必要ですよ。

どちらも設定するのに私は時間と体力を結構すり減らしました。

灯台下暗しですね。

投稿者プロフィール画像(アバター)の設定方法

Facebookなどに連携するならここも早めに設定しておきましょう。

私はここをやらないから変になっているんです。早く直さないと 汗

All in One SEO PackでOGPタグを設定する方法

※OGPとは?
OGPとは「Open Graph protocol」の略称です。 FacebookやTwitter、Google+、mixiなどのSNSでシェアされた際に、そのページのタイトル・URL・概要・アイキャッチ画像(サムネイル)を意図した通りに正しく表示させる仕組みです。

 

デザインも細かく設定することができます。

私は基本の色でも好きなので、十分かなと思っていますができるときに挑戦してみたいと思っています。

ハミングバードテーマの見出しタグ(H2,H3,H4)をカスタマイズする方法

上級設定です。

私もまだ利用していませんが、第1話、第2話と続けていきたい人は使ってみてください。

WordPressで記事ページを分割したい場合の操作方法(nextpageタグ)

 

まとめ

私は使い込むのに一日はかかってしまいました。

ましてやまだ全部プラグインを使いこなすこともできないし、次回は何をやるかも掲載しておきます。

お互いにレベルアップを目指していきましょう。