A8net.のセルフバックをsafariだったらどうやるの?ひとまず解決しました。

○スポンサーリンク○

商品を売るにはどうしたらよい?

私も最近商品を紹介するように色々準備を進めているが、口コミなどを収集しながら商品を紹介している。

 

どちらかというと好きなことを書いて、興味があればどうでしょうか?

といった内容である。

 

さて、そんな中で自分で使用したものを薦めるといったのが商売の基本だろう。

口コミはやはり信頼性があるが、他人のものよりも自分で感じたことを伝えられた方が買ってみようという気にもなる。

自分で買うのはお金が必要。あんまりかけるほどの資金もない

ただ問題なのは、そもそも商品を買うためのお金が必要だということ。

 

私も他人の口コミで商品を判断する側だったが、そろそろ自分で体験したものを紹介していこうと思っている。

 

そんな時に私の一つの壁だったのが、セルフバックを使い切れない問題である。

 

セルフバックというのは、簡単に言うと商品を何割引かで購入できるという制度である。

 

まだ価値を知られていないものを先に使用して、その良さを広く広めるための企業の一つの戦略です。

 

 

ただ、問題なのはcookieを使い切れないという私のパソコンの知識不足。

 

cookieとはあるサイトから経由して、商品を買っています。という情報みたいなものです。

 

パソコンの設定を億劫にしていた私は、その設定で損をするのが嫌で今まで渋っていた部分がある。

 

もちろん、何度か失敗して割り引きなしで購入していることもあるので、同じ失敗をするのは嫌だと渋っていたこともあるからだ。

 

実際にセルフバックできるように読んでみよう。

重たい腰を上げて、早速検索をして、文章をふむふむと読んでいく。

Appleの公式サイトのページで詳しいことは書いてある。

「Safari」>「環境設定」と選択し、「プライバシー」をクリックして以下のいずれかを行います:

  • 許可する Cookie と Web サイトのデータを変更する:「Cookie と Web サイトのデータ」のオプションを選択します:
    • 常にブロック:Web サイト、第三者、広告プログラムが Cookie とその他のデータを Mac に保存することをすべて禁止します。Web サイトによっては、正しく動作しなくなる可能性があります。
    • 閲覧中の Web サイトのみ許可:ユーザが現在閲覧している Web サイトからのみ Cookie と Web サイトのデータを受け入れます。多くの Web サイトにはほかのソースのコンテンツが埋め込まれています。それらの第三者による Cookie とその他のデータの保存を禁止します。
    • 閲覧した Web サイトは許可:ユーザが閲覧した Web サイトからのみ Cookie と Web サイトのデータを受け入れます。Web サイトを閲覧したことがあるかどうかは、Cookie を使用して決定されます。これには、ユーザが表示する別の Web サイトにコンテンツを埋め込んでいる Web サイトが Mac に Cookie とデータを保存することを防ぐ効果があります。
    • 常に許可:Web サイト、第三者、広告プログラムが Cookie とその他のデータを Mac に保存することをすべて許可します。
  • 保存されている Cookie やデータを削除する:「Web サイトデータを管理」をクリックして、1 つ以上の Web サイトを選択してから、「削除」または「すべてを削除」をクリックします。データを削除するとトラッキングは減りますが、Web サイトからログアウトされたり、Web サイトの動作が変わることもあります。
  • Cookie またはデータを保存している Web サイトを表示する:「Web サイトデータを管理」をクリックします。
  • Web サイトが位置情報を使用することを確認する頻度を変更する:「Web サイトによる位置情報サービスの使用」オプションを選択します:

きれいすぎてわかりづらいので、早速ページを色々といじくることに。

プライバシーの中にcookieとWebサイトのデータという物がある。

これを常に許可に設定。

あとはカスペルスキーの設定を多少変更することで、セルフバックでバグは起こらないようにになりました。

Macでセルフバックが上手くいっていない人はコチラの設定を変更してみてはいかがでしょうか?