探偵はbarにいる1期 シーズン1 動画はこちら

○スポンサーリンク○

探偵はBarにいるを見たい方はコチラからみてみませんか?

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】↓↓ここをクリック↓↓

気になる予告

撮影場所

札幌のススキノになっています。

私のフルサトである札幌です。

近くに狸小路などの商店街もあります。

最初の予告に出てくるNIKKAの看板もススキノでは有名です。

NIKKAの看板のすすきのビルと書いてあります。このビルは札幌駅からまっすぐ進めばあるので北海道の人は良く目にしています。

麒麟ビールのマークもありますね。近くにジンギスカンの店も多くあるんです。中ノ島駅にいけばビールを飲みながらジンギスカンを食べれる場所もあります。

※実際に成吉思汗(ジンギスカン)を食べているシーンもあります。

ラーメン横丁もありますので、現地に行って見たい人はぜひラーメンなども食べてみて下さい。

キャスト

大泉洋・松田龍平・小雪・西田俊行などなど大物俳優が揃っています。

大泉洋と言えば北海道出身のチームナックスのメンバーの一人ですね。水曜どうでしょうも一人突出していますよね。

最近ではバラエティ番組に出て番組宣伝もしています。

大泉洋さんはアフタースクールという作品に出演していましたね。

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの演技派の小雪や名作である「釣りバカ日誌」シリーズでの主演を張っている西田敏行などの豪華なメンバーが揃っています。

私は個人的に西田敏行の「もしもピアノが弾けたなら」が好きです。

脚本

古沢良太・須藤泰治

監督 橋下一

音楽 池頼広
東映・テレビ朝日製作のテレビドラマシリーズ『相棒』の主要なスタッフが参加していることからも結構有名である。

※相棒と言えば水谷豊が演じる警部補がしっかりと解決していく名作です。

今なお放映され続け、視聴率が安定的な作品ですよ。

発表されたのは2011年 平成23年の作品です。

 

探偵はBarにいるの原作

東直巳(あづまなおみ)さん

ススキノ探偵シリーズのバーにかかってきた電話が原作となっています。

書籍で読みたいと思った人はハヤカワ文庫で販売されているので探してみてください。

※東直巳さんは北海道札幌市出資の日本の小説家です。しかも、「探偵はバーにいる」で作家デビューをしたかたなんですよ。

こんなにおもしろい作品なのか2001年には「残光」という作品で第54回の日本推理作家協会賞を受賞しています。

賞を受賞するだけの才能をデビュー当時から才能が発揮されていたんですね。

続編が12月1日劇場で公開されています。

違法で見れるところも探したらあると思いますが、わざわざリスクを犯してみるのは良くないでよね?

安心してみることのできるフジテレビオンデマンドで安心して見ましょう。

無料視聴も数日間できますので、前作をチェックしたい人はぜひ見てみましょう。

前作がどうしても気になってしまう人は↓↓ここをクリック↓↓

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】