基礎控除とは わかりやすくいうとこういうこと!38万円はなんのこと?○○控除の話

○スポンサーリンク○

年も明けてバタバタと会社も忙しくなってきたころではないでしょうか。

世の社長さんや経理の方々は年末調整が終わりホッとしているかもしれませんね。

さて、個人事業の方や自身で確定申告されているサラリーマンの方は早い方だとそろそろ「確定申告」の準備をしているのではないでしょうか?

そこで否応なしに関係してくるのが「○○控除」の扱い方ですね。

自身で申告しない方にはほぼほぼ関係ない言葉「控除(こうじょ)」ですが、これは「ある金額から一定の金額を差し引く」という意味です。

つまり、あなたが一年間稼いだお金に対し、税率をかけ税金を導き出す前に、各種の「控除」を使って節税するわけですね。

そのままだとまるまる税金がかかります。もったいないですね。

今回はその「控除(こうじょ)」「基礎控除(きそこうじょ)」について!

基礎控除(きそこうじょ)って?

基礎控除(きそこうじょ)とは、簡単に言うと「本人控除」です。

誰でも、他にどんな控除されるべき要素(例えば奥さんがいるとか、子供や親を養ってるとか)がなくても、引く(控除)できるのが「基礎控除」と呼ばれるものです。

だれでも控除の対象になる。だからそんなあなたでも大丈夫です。

むしろ基礎控除せずに確定申告用紙を完成させ、税務署に持っていっても「間違い」とみなされます。

「基礎控除」の金額って?

基礎控除の金額はズバリ「38万円」です。

あなたが稼いだお金(収入)が500万円だとします。 そしてそのお金を稼ぐためにかかったお金(経費((消耗品や交通費等))を200万円とします。

収入から経費を引いた金額は300万円になりますね。 これを「所得(しょとく)」というわけですが、この所得から無条件に引けるのが「基礎控除」なので、

300 - 38 = 262 ! 262万円が税金がかかってくる金額になるわけです。(ほかに控除がない場合)

住民税の計算はちょっと違う

上記で「基礎控除」は「38万円」と書きましたが、住民税の計算の場合はちょっと違います。

住民税の税額計算の場合に「基礎控除」は「33万円」です。

「38万円」で計算してしまうと、後から思ったより税金高いなとなってしまいますので注意。

住民税は税務署への確定申告に基づいて、役所で計算されます。

あらかじめ住民税の税額を計算しておきたい方は覚えておいて損はないですね。

最後に

「基礎控除」は年末調整での源泉税計算でも実は使われているので、みなさんに関係はあるのです。

普段使う人も使わない人も覚えておくといいですよ。

「基礎控除(きそこうじょ)」は「38万円」(※住民税の場合は「33万円」)